豊胸手術後のブラジャーについて

豊胸手術後のブラジャーはつけても大丈夫なのか?

短期間で憧れのバストになれるということで、今も豊胸手術は人気です。豊胸手術と一口に言っても、人口乳腺挿入法や、メスを入れないヒアルロン酸注入法などのやり方も様々です。クリニック選びが大切なのはもちろんですが、医師によく相談し、自分にあった豊胸手術を行うようにしましょう。

さて、豊胸手術後ですが、この手術後の過ごし方が大切になってきます。手術後は医師から処方された薬を飲んだり、マッサージを行うなど、医師の指示に従うことが必要です。このマッサージがその後の胸の柔らかさなどの質感を決めるとの体験も報告されているほどです。日常生活も、手術後に痛んだり腕が動かしにくいようなら仕事もなるべく休んだりして、安静を保つことが大切です。ここで無理してしまうとせっかく行った手術の成果が半減だからです。しっかり術後のケアを行い、新しくなった胸をいたわりましょう。

ブラジャーも、手術後の胸の包帯などで固定されているのがずれてしまったり、せっかく注入した脂肪が定着するのを血行不良により妨げてしまわないようにつけないほうがいいとされています。脂肪の生着には血行がよくなっていることが欠かせません。少しでも血行を良くするためにブラジャーで締め付けてしまうのは控えましょう。

しかし、豊胸手術を受けた後でも仕事に行ったり外出したりすることもあるでしょう。そういう時はワイヤーの入ったものではなくて、できればノンワイヤーのソフトなものを選んで着用します。スポーツタイプのブラジャーも良いでしょう。つけてはいけない時期は大体6ヶ月間くらいです。多少生活に不便を感じるかもしれませんが、この期間の過ごし方がその後のあなたの胸の美しさを決めるのですから、我慢も大切だと思えると思います。

私も試して実感した驚きのバストアップ法