バストアップに効果がある食べ物と食べ方

食べ物で効果的に豊胸するのに一番いい方法

あなたが豊胸を考えている場合、まずいきなり手術などに走るのではなくて、日々摂取する食べ物から変えてみることをおすすめします。難しく考えるのではなく、日々の食事内容を意識することから始めてみるのです。

胸は9割が脂肪でできているので、バストの皮下脂肪を減らすために栄養のある食べ物を摂る必要があります。まず栄養不足にならないこと、バランスの良い食事をとること、摂取してよいものと避けた方がよいものを見極めることです。栄養不足になると、体の中のエネルギーが不足してしまうため、他のどこかの場所から補給してエネルギーを補おうとします。つまり、胸の発達のための大切なエネルギーを他の場所の栄養素として取られてしまうのです。よって、無理なダイエットをしてしまうと、体全体のエネルギーが足りなくなってしまうため、胸は決して大きくならないのです。そして、バランスの良い食事をなるべく決まった時間に3食食べること。暴飲暴食は避けて、主菜、副菜など彩り良い食事をするようにしましょう。

また、必要なのは摂取した方が良いものと、避けた方が良いものを知ることです。積極的に摂りたいのは、大豆イソフラボンの含まれた豆乳、納豆、豆腐などの食材が挙げられます。良質なたんぱく質が豊富に含まれていますし、女性ホルモンを活性化するものでもああるのです。バストを大きくするエストロゲンに似たイソフラボンが含まれているからです。豆乳などであれば今は様々なフレーバーの豆乳が売り場に並んでいます。一日一本など決めて飲めば取り入れやすいでしょう。次にキャベツも積極的に取り入れたいものです。キャベツに含まれる「ボロン」という成分がバストアップに効果的と言われています。エストロゲンという女性ホルモンの活性化を促すのです。そして、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品。栄養が豊富な上に良質なたんぱく質は美肌にも効果的です。以上のような食材は摂取してすぐ効果がでるわけではありませんが、毎日積極的に摂ることが望ましいでしょう。過剰な摂りすぎはよくありません。

逆に炭水化物であるパン、うどんなどの麺類、砂糖、イモ類など、バターやドレッシングなどの脂質は避けた方がいい食材です。しかし、バランスの良い食事も大事なことなので、控えることを心がけるくらいであまり神経質にならないことも大切です。

どれか一つの食材がすぐ確実にバストアップに効果が出るということはあり得ません。そのことを頭に入れた上で、バランスの取れた食事を続けていくことが大切ですね。

私も試して実感した驚きのバストアップ法