ヒアルロン酸注入法による豊胸の方法

ヒアルロン酸注入よるバストアップのメリットとデメリットとは

世の中には数多くのバストアップ法が出回っていますが、最近人気を集めているのが「プチ豊胸」という方法です。プチ豊胸とは、バストアップのためにプロテーゼ(胸の中に埋め込むもの)を挿入するようなメスによる切開や縫合を含まない手術のことで、例えば、ヒアルロン酸注射によるバストアップ法があげられます。ヒアルロン酸は人間の関節や皮膚にも存在していて、体の組織構造を保つ役割を担っているものです。このヒアルロン酸を注射によってバストに入れることによって、バストアップをします。

ヒアルロン酸注射による豊胸手術もいくつかメリットと言える点があります。まず、メスを使わないため皮膚の切開や縫合が必要ありません。体に傷跡も残らないのです。体にメスを入れることに抵抗のある女性、手術自体が怖い女性の味方になってくれそうです。手術時間も30分程度と日帰りでも可能なため、その手軽さも人気の秘密でしょう。また、アレルギーの心配がないことも嬉しい利点です。胸の左右の形を自由に整えることが可能なので、バストの形が左右で違って悩んでいる方にはぴったりと言えます。

デメリットもみてみましょう。まず、ヒアルロン酸注射は、効果が長く続くものではなく、定期的に注射を繰り返さないとバストの維持ができません。大体2~3年しか効果は続かないと言われています。何度も注射を繰り返すと、もちろんそれだけお金がかかってくるでしょう。ヒアルロン酸はもともと体内にもある成分のため、体内に吸収されていってしまうためです。医療バッグをメスを使いいれた手術ならば、永久的にバストは手術したときのままですが、ヒアルロン酸注射はこれが最大のデメリットとも言えます。また、一度に大量のヒアルロン酸摂取も危険です。バストも大幅にアップすることは難しいと言われているので、徐々にしか大きくできません。

いずれにせよ、高いお金をかけてやるバストアップ法です。失敗しないためにも、以上のようなメリット・デメリットを考えた上で選択をしましょう。手軽さゆえに簡単にバストアップできるように思われますが、デメリットも考えておかないと、後で「こんなはずじゃなかった」と後悔する羽目に陥るかもしれません。

私も試して実感した驚きのバストアップ法