バストアップ ウォーキング

バストアップのためのウォーキング術

ほとんどの運動がバストアップに有効ですし、特に水泳や腕立て伏せは効果が高いといわれています。バストの土台である大胸筋を鍛えるからです。これにより崩れにくく形の整ったバストを作る事が出来るため、脇や腹に肉が流れず、サイズも小さくなることなく、ハリのあるバストが維持できます。

ですが水泳は施設にいくのが面倒です。腕立て伏せは家で出来る上にテレビを見ながらも可能ですのでお勧めですが、「ついでにリフレッシュがてら外の空気を吸いにいこうかなあ」という方は、ぜひ正しい方法でバストアップウォーキングに励んでください。

ただ漫然と歩いていても、やらないよりやる方が断然よいです。しかしどうせなら効率よくやりたいですよね。そこで、バストアップによいウォーキング方法をお伝えします。

①基本の姿勢をとります。背筋を伸ばし、両腕はわき腹の横で折り、軽くこぶしを握ります。
②肩甲骨を意識し、腕を大きく後ろにひく。
③足だけでなく、胸のあたりをうごかすようなイメージで歩く。腕~胸は、後ろから引っ張られている感じで。
④あごをひく
⑤歩幅は小さくてよいので、同じペースで。

この状態をずっと維持し、歩き続けられれば理想ですが、もし難しいようなら、適度に姿勢を崩してかまいません。何より大事なのは、続けることです。フォームを意識するあまり、やるのが億劫になってしまったりストレスになったりしては元も子もありません。

また、運動をするときはかならずスポーツブラをしましょう。ブラをしない状態で歩くと、胸をひっぱりあげている微細な筋肉繊維がきれてしまい、垂れた胸になってします。普通のブラジャーよりもスポーツブラの方が望ましいのは、通気性のよさと快適な着け心地からです。値段も安いので、替え用に2~3着持っていてもいいでしょう。

私も試して実感した驚きのバストアップ法